医療経済マネジメントコース

図1

医療経済マネジメントコースの開設

名古屋市立大学経済学研究科では、今年度(平成28年度)から、医療経済マネジメントコース(博士前期課程・社会人特別選抜)を開設しています。医学研究科及び薬学研究科と連携して、医療関係者を対象として、経済学・経営学に関連する高度専門的教育を実施しています。

医療経済マネジメントコースは、文部科学大臣による職業実践力プログラムの認定を受けており、その規程に従った教育プログラムを実施しています。(職業実践力プログラムの認定様式1様式2 をご覧下さい。)

研究教育分野の概要

◆経済学分野(コース所属教員:中山徳良、澤野孝一朗)
資源配分の効率性という観点から医療の需要面および供給面、さらに政策についての理論的あるいは実証的な研究を行っています。具体的には、病院の効率性や生産性の計測、医療政策と患者の行動などについての研究を行っています。

◆経営学分野(コース所属教員:三澤哲也、吉田和生、大神正道)
病院経営におけるコストの削減だけでなく、医療の価値を向上させるための戦略策定や組織作りを目指した研究を行っています。具体的には、実証的な医療会計や、定量的・定性的な観点から病院組織の問題を取り扱った研究を行っています。また、実証的な研究の知見をもとに、病院経営の環境変化に対応できる人材育成を目指しています。

◆コース所属教員による専門的指導
医療経済学及び医療経営学の専門的スタッフ(コース所属教員)が主指導教員として演習を実施します。副指導教員は他の経済学研究科教員から選ぶこともできます。

カリキュラムの特徴

◆経済系と医療系の両分野を履修可能
経済系科目(経済学・経営学)と医療系科目(医学・薬学)の両分野にわたる充実した講義科目が履修できます。

<経済系科目>医療経済学、医療産業論、比較制度経済学、医療イノベーション論、医療経営論、医療会計、統計解析M

<医療系科目>基礎社会医学概論、基礎最新医学概論、基礎臨床医学概論、基礎認知症学概論、基礎緩和/終末期医学概論、未来医療概論、基礎グローバル医学概論、臨床薬学、コミュニティファーマシー、医薬品安全性評価学特論、生命倫理特論

◆研究課題(リサーチペーパー)で修士号
ケーススタディーによる研究課題(リサーチペーパー)で修士号が取得できます。医療現場の実際の経営問題を取り上げて分析することにより、修士の学位を取得することが可能です。関連分野の学術的な研究を行いたい場合、修士論文を作成することもできます。

◆夜間・土曜講義を中心とする社会人向けの大学院
医療経済マネジメントコースは、医療関係機関などに働きながら修士号を取得できる社会人大学院です。演習を含めて、ほとんどの講義科目は夜間または土曜日に開講し、2年間で無理なく講義科目が履修できます。

教育支援

本研究科の博士前期課程には、やむをえない理由(仕事、家事、介護など)により2年間で卒業することが困難な院生のための長期履修の制度があります。希望者は入学時もしくは2年進級時に所定の手続きにしたがって長期履修を申告します。それが認められれば、2年分の学費で3年間在籍することができます。毎年数名がこの制度を利用しています。

医療経済マネジメントコースのパンフレット

当該コースのパンフレットはこちら(PDFファイル)から