卒業生表彰制度について

卒業生の表彰制度は、2003年度より、4年生末までの定期試験の高得点者5名を表彰する方式から、多様な側面から大学生活への取り組みを評価する方式へ 移行しました。多様な側面とは、狭い意味での勉学(講義)から、卒業論文、資格取得、スポーツ、文化活動、あるいは懸賞論文における優れた成績、さらにボ ランティア活動のような社会活動などにおよびます。
表彰者の人数は、
1. 定期試験で3名程度
2. 卒論で2名程度
3. それ以外の活動で1名程度
全部で5名程度とします。
表彰は卒業式後の卒業記念パーティーにおいて同窓会が行います。

2010年度表彰者について
表彰卒業論文の紹介
2009年度表彰者について
表彰卒業論文の紹介
2008年度表彰者について
表彰卒業論文の紹介


卒業論文
指導教員の推薦が得られた4年生は、次の要領にしたがって応募します。
1.提出書類:
(1) 卒業論文1部(表紙を付ける)
(2) 論文要旨1部(400字×3枚=1200字)
(3) 指導教員の推薦書(A4で1枚)
2.提出先:山の畑事務室 事務第一係(1号館1階)
3.期限:2013年2月1日(金) 午後5時まで
4.提出者:論文執筆者

卒論優秀者は、ゼミの先生が表彰の候補者を推薦し、教務委員会で選考を行った後、教授会で決定されます。

その他文化活動、社会活動など
1.提出書類:
(1) 指導教員の推薦書(A4で1枚)
(2) 表彰を受けるべき内容がわかる書類等
2.提出先:山の畑事務室 事務第一係(1号館1階)
3.期限:2013年2月1日(金) 午後5時まで
4.提出者:指導教員