藤田 菜々子 FUJITA Nanako

  • 職名 教授 : マネジメントシステム学科 : 経済学専攻
  • 学位     博士(経済学)
  • 専門分野  経済学史 制度経済学

略歴

1977年生まれ。名古屋大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、名古屋市立大学大学院経済学研究科講師、准教授を経て、現職。

現在の研究課題

グンナー・ミュルダールの経済学説の研究
現代福祉国家の研究

社会貢献・外部委員会

名古屋市国民健康保険運営協議会委員
経済学史学会幹事(2015年4月-)
北ヨーロッパ学会理事(2017年4月-)

主な著書・論文

  •  『ミュルダールの経済学 福祉国家から福祉世界へ』 NTT出版、2010年2月 (経済学史学会第8回研究奨励賞受賞)
  • 〈翻訳〉G.ミュルダール著、藤田菜々子訳『ミュルダール――福祉・発展・制度』 ミネルヴァ書房、2015年10月
  • 「少子化とワーク・ライフ・バランス――ミュルダールの人口論」 経済学史学会ほか編 『古典から読み解く経済思想史』 ミネルヴァ書房、2012年4月
  • Historical Evolution of Welfare Policy Ideas: The Scandinavian Perspective, Hideko Magara(ed.) Economic Crises and Policy Regimes: The Dynamics of Policy Innovation and Paradigmatic Change, May 2014
  • 「スウェーデン・モデルの起点――1930年代における経済・福祉思想」岡澤憲芙・齊藤弥生編著『スウェーデン・モデル――グローバリゼーショ ン・揺ら ぎ・ 挑戦』彩流社、2016年1月

ひとこと

経済学史(とくに1974年ノーベル経済学賞受賞者、ミュルダールの経済学説)と「資本主義の多様性」論を研究しています。

メールアドレス

学部担当科目

経済学史 比較経済システム論 制度経済学

大学院担当科目

経済学史

研究のための推薦図書

J. S. ミル『自由論』(1859年)
K. ポランニー『大転換』(1944年)
F. A. ハイエク『隷属への道』(1944年)
G. ミュルダール『福祉国家を越えて』(1960年)