星野 優太 HOSHINO Yuta

  • 職名 教授 : 会計ファイナンス学科 : 経営学専攻
  • 学位     博士(経営学)
  • 専門分野  会計学

略歴

1948年生まれ。慶應義塾大学大学院商学研究科博士後期課程修了、弘前大学教授、名古屋市立大学大学院経済学研究科教授。経済学研究科長・経済学部長を経て、現在、名古屋市立大学名誉教授。

現在の研究課題

企業の業績評価と報酬システムの国際比較
不良債権の経済分析と会計処理
知的資産会計の構築

共同研究

  • 希望テーマ: 知的財産の戦略的活用と評価についての研究、
    業績評価と報酬システムの構築
    ベンチャー企業の起業(事業計画書および資金調達書の作成)
  • キーワード: 知的財産 業績評価 報酬システム ベンチャービジネス
  • 予想される応用分野:その他(会計、企業経営)

社会貢献・外部委員会

大学基準協会評価委員会専門評価分科会委員 2006-2009
特別研究員等審査会専門委員および国際事業委員会審査員 2007-2009
青森県テクノポリス開発機構「先端技術利用研究会」委員1996-
東北インテリジェント・コスモス学術機構会員 1994-

主な著書・論文

  • 企業戦略と会計情報システム(多賀出版 1992)
  • 日本企業の業績評価と報酬システム(白桃書房 2003)
  • 日本企業における業績評価と報酬制度―成果主義の検証―(『管理会計学』(日本管理会計学会誌)第13巻第1・2号 2004)

ひとこと

企業の会計問題を経営者と株主の両方の視点から考察し、また法的規制を受けない情報開示の問題についても学生と一緒に考えていきます。

メールアドレス

学部担当科目

管理会計

大学院担当科目

管理会計 会計ケース研究 会計学原理