茨木 智 IBARAKI Satoru

  • 職名 准教授 : 会計ファイナンス学科 : 経営学専攻
  • 学位     博士(工学)
  • 専門分野  数理計画 オペレーションズリサーチ

略歴

1965年生まれ。京都大学大学院工学研究科数理工学専攻修了。京都大学を経て、現在名古屋市立大学大学院経済学研究科准教授。

現在の研究課題

データの分類・同定に関する研究
確率を含む数理計画モデルに関する研究

共同研究

  • 希望テーマ: 経済、医療データの評価・分類に関する研究
  • キーワード: 最適化 DEA ポートフォリオ
  • 予想される応用分野:情報通信 医療・福祉 エネルギー その他(ファイナンス)

主な著書・論文

  • 線形制約凸計画問題に対する主双対近接点法(Computational Optimization and Applications, 207-226 1992)
  • 多品種流問題に対する主双対近接点方法(日本オペレーションズ・リサーチ学会論文誌 37, 297-309 1994)
  • 半正定値計画問題に対する交互方向乗数法とその応用について(D.P.in Economics, NCU, 340, 1-9 2003)

ひとこと

社会活動に含まれるムダをできるだけ少なくすることについて、科学的に分析しようとすることが研究対象です。講義情報はこちらから

メールアドレス

学部担当科目

オペレーションズ・リサーチ 情報処理論

大学院担当科目

オペレーションズ・リサーチ

研究のための推薦図書

松井 泰子, 根本 俊男, 宇野 毅明 (2008)『入門オペレーションズ・リサーチ 』東海大学出版会
藤澤 克樹, 後藤 順哉, 安井 雄一郎(2011)『Excelで学ぶOR 』 オーム社