稲垣 一之 INAGAKI Kazuyuki

p_inagaki-kazuyuki
  • 職名 准教授 : 公共政策学科 : 経済学専攻
  • 学位     博士 (経済学)
  • 専門分野  国際金融論

略歴

神戸大学大学院経済学研究科博士課程後期課程 修了。
尾道市立大学経済情報学部講師、准教授を経て、現在名古屋市立大学経済学研究科准教授

現在の研究課題

通貨統合、国際金融論への時系列分析の応用

共同研究

  • 希望テーマ: 国際金融論、金融論、マクロ経済学
  • キーワード: 為替レート、金融政策、実証分析
  • 予想される応用分野:経済政策

主な著書・論文

  • “Testing for volatility spillover between the British pound and the euro, ” Research in International Business and Finance, Volume 21, Issue 2, pages 161–174, 2007.
  • “Estimating the interest rate semi-elasticity of the demand for money in low interest rate environments,” Economic Modelling, Volume 26, Issue 1, pages 147–154, 2009.
  • “Adjustment costs in the Japanese banking sector” International Journal of Business, Volume 18, Issue 4, pages 307-318, 2013.

ひとこと

国際金融に関わる題材について、実証的に研究しています。

メールアドレス

m_inagaki

学部担当科目

国際金融論

大学院担当科目

国際金融論

研究のための推薦図書

上川 孝夫、藤田 誠一『現代国際金融論 第4版』有斐閣
藤井 英次『コア・テキスト 国際金融論 第2版』新世社
Paul R. Krugman, Maurice Obstfeld, Marc Melitz
『International Economics: Theory and Policy,
Prentice Hall; 10th edition』