奥田 真也 OKUDA Shinya

  • 職名 教授 : 会計ファイナンス学科 : 経営学専攻
  • 学位     博士 (商学)
  • 専門分野  会計学

略歴

1973年生まれ。一橋大学大学院商学研究科博士後期課程修了、大阪学院大学流通科学部をへて現職。

現在の研究課題

会計制度の実証分析
会計情報システムの実証分析
業績指標選択・権限委譲とITの関係について 等々

共同研究

  • 希望テーマ: 会計とITの関係について、会計制度の実証研究

社会貢献・外部委員会

大阪商工会議所ビジネス会計検定1級調整会議 委員

主な著書・論文

  • “The Relationship Between Bank Risk and Earnings Management: Evidence from Japan”  Review of Quantitative Finance and Accounting, 22 (3), pp. 233-248, 2004.(with Y. Yasuda and M. Konishi)
  • 「会計利益と課税所得の差異(BTD)の傾向と決定要因:3種のBTDの比較」『第2回 税に関する論文入選論文集』pp. 32-74, 2006. (with山下裕企・米谷健司)
  • “Value Relevance of Profit Available for Dividends,” Asia-Pacific Journal of Accounting and Economics, 27(1), pp. 41-56, 2010..(with A. Shiiba and M. Sakaue)
  • “An Evaluation of the Relative Importance of Parent-Only and Subsidiary Earnings in Japan: A Variance Decomposition Approach,” Journal of International Accounting Research, 9(1), pp. 39-54, 2010. (with A. Shiiba)
  • “Who benefits from the adoption of IFRS?” The Japanese Accounting Review, 1..pp.61-69. 2011.

ひとこと

企業の経営をお金や情報の側面から色々研究しています。

メールアドレス

m_okuda

学部担当科目

会計学I 管理会計 入門会計学

大学院担当科目

管理会計

研究のための推薦図書

加登豊/松尾貴巳/梶原武久 『管理会計研究のフロンティア』 中央経済社
ポール・ミルグロム/ジョン・ロバーツ 著 奥野正寛/伊藤秀史/今井晴雄/西村理/八木甫 訳 『組織の経済学』 NTT出版