高橋 二朗 TAKAHASHI Jiro

  • 職名 准教授 : 会計ファイナンス学科 : 経営学専攻
  • 学位     博士(経済学)
  • 専門分野  会計学

略歴

1979年生まれ。京都大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。

現在の研究課題

事業資産会計の構造と機能に関する理論的・実証的研究
会計学方法論に関する研究

共同研究

  • 希望テーマ:
    会計ルールの整合性分析
    会計情報に関する実証分析
  • キーワード:
    整合性分析 実証分析 事業投資

主な著書・論文

  • 「裁量的な評価切下げ行動の経済的帰結―減損会計基準の設定前及び早期適用の事例分析―」『會計』第176巻第1号,2009年,105-117頁
  • 「減損会計の計算構造と機能に関する一考察―考えられる会計処理と現行制度の比較を通して―」『経済論叢』第182巻第5・6号,2010年,78-107頁

ひとこと

会計に関するルールの変化とそれに伴う経済的影響を研究しています。会計に関するルールの在り方について学生とともに考えていきたいと思います。

メールアドレス

学部担当科目

原価計算 監査論 税務会計

大学院担当科目

財務分析

研究のための推薦図書

米山正樹(2008)『会計基準の整合性分析―実証研究との接点を求めて―』中央経済社
ウィリアム H. ビーバー著,伊藤邦雄訳(2010)『財務報告革命【第3版】』白桃書房