爲近 英恵 TAMECHIKA Hanae

noimage
  • 職名 講師 : 会計ファイナンス学科 : 経営学専攻
  • 学位    博士(応用経済学)
  • 専門分野  応用一般均衡モデル 計量経済学

略歴

大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了。大阪大学大学院経済学研究科助教を経て、現職。

現在の研究課題

環境政策に関する実証分析

共同研究

  • キーワード:
    応用一般均衡モデル(CGE) 計量経済学 環境経済

主な著書・論文

  • “Output Based Allocation of Emissions Permits for Mitigating the leakage
    and competitiveness Issues for the Japanese Economy,” Environmental
    Economics and Policy Studies, Vol.16(1), pp89-110, 2014. (with Shiro Takeda, Toshi H. Arimura, Carolyn Fisher, and Alan Fox)
  • 「排出権取引とCDM事業:ロシアの供給独占への日本の対応」、日本経済研究、第60号、pp.1-18、2009年(伴金美氏との共著)
  • 「英国のエネルギー市場自由化政策が環境に及ぼした副次的便益」、公益事業研究、第59巻第1号、pp.51- 58、2007年

ひとこと

応用一般均衡モデルあるいは計量経済学を用いて、環境政策の評価を行っています。

メールアドレス

m_tamechika

学部担当科目

情報処理論 財務情報処理

大学院担当科目

数量分析

研究のための推薦図書

Woodridge J.M. (2010)『 Econometric Analysis of Cross Section and Panel Data』The MIT press.
細江宣裕・我澤賢之・橋本日出男(2004)『テキストブック応用一般均衡モデリング』東大出版会