学部長メッセージ

名古屋市立大学経済学部は、1964年に東海経済圏の職業人教育の期待に応えて設立されました。当初は経済学部経済学科としてスタートしましたが、1991年度には実務教育を重視するという時代の要請から経済学科と経営学科の2学科体制に移行しました。そして、2007年度には卒業後の進路先を重視した教育を行う目的から、公共政策学科、マネジメントシステム学科、会計ファイナンス学科の3学科体制に再編しました。

公共政策学科では経済学を基礎として財政や金融に係る経済政策の効果そしてその評価方法等を学び、「公務員」を中心とした政策立案者となる人材教育を行っています。マネジメントシステム学科では企業を対象とする経営学の切り口や社会を対象とする制度・歴史の切り口から、組織のマネジメントを学びます。この学科では「民間企業」の現場・組織で活躍できる人材教育を行っています。会計ファイナンス学科では企業活動を資金面から考えるように、会計学、ファイナンスや金融工学等を学んで、「会計士や税理士」に代表される専門職となる人材教育を行っています。

経済学部は多くの皆々様に支えられながら、お陰様で今年創立55周年を迎えています。この約半世紀の間に1万名以上の学生を、東海地域をはじめとして日本そして世界の経済界や官界に送り出してきました。これからも本学部の実績、伝統を受け継ぎつつ、新しい歴史をつくって欲しいと考えています。

名古屋市立大学経済学部長
吉田 和生

経済学部の歴史

1964年度 経済学部創立(経済学科定員150名)
1967年度 経済学部新棟が完成して、桜山から滝子キャンパスに移転
計算センター発足
1968年度 学生定員200名に増員
1978年度 経済学部棟の増築(4層化)
1988年度 計算センター棟の完成(経済学部棟から移転)
1990年度 ニューサウスウェールズ大学(オーストラリア)と国際交流協定締結
1991年度 経営学科の新設により2学科制に(経済学科140名、経営学科60名)
1999年度 計算センターが情報センターに名称変更(2001年度には総合情報センターに)
2006年度 独立行政法人化
2007年度 3学科制に変更及び定員230名に増員(公共政策学科90名、マネジメントシステム学科80名、会計ファイナンス学科60名)
パリ第13大学(フランス)と国際交流協定締結
2009年度 ルートヴィクスファーフェン経済大学(ドイツ)と国際交流協定締結
2011年度 南ソウル大学(韓国)と学生共同研究交流プログラム
2014年度 創立50周年記念式典開催
2017年度 ミシガン州立大学(アメリカ)と国際交流協定締結
貿易大学(ベトナム)と国際交流協定締結
2018年度 ベローナ大学(イタリア)と国際交流協定締結