各務 和彦 Kakamu Kazuhiko

p_Kakamu_Kazuhiko
  • 職名 教授 : 公共政策学科 : 経済学専攻
  • 学位     博士(経済学)
  • 専門分野  ベイズ統計学

略歴

1977年生まれ。大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了,千葉大学法経学部講師,同准教授,神戸大学大学院経営学研究科准教授,同教授を経て,現在,名古屋市立大学大学院経済学研究科教授。

現在の研究課題

ベイズ統計モデリング

共同研究

  • 希望テーマ:
  • キーワード: ベイズ統計学,マルコフ連鎖モンテカルロ法
  • 予想される応用分野:

主な著書・論文

  • Kobayashi, G., Yamauchi, Y., Kakamu, K., Kawakubo, Y. and Sugasawa, S. “Bayesian approach to Lorenz curve using time series grouped data,” forthcoming in Journal of Business & Economic Statistics.
  • Feldkircher, M. and Kakamu, K. “How does monetary policy affect income inequality in Japan? Evidence from grouped data,” forthcoming in Empirical Economics.
  • Ohtsuka, Y., Oga, T. and Kakamu, K. (2010) “Forecasting electricity demand in Japan: A Bayesian spatial autoregressive ARMA approach,” Computational Statistics & Data Analysis, 54(11), 2721-2735.

ひとこと

よく学び,よく遊べ。悔いのない大学生活を送ってください。

メールアドレス

Kakamu

学部担当科目

計量経済学

大学院担当科目

計量経済学

研究のための推薦図書

古澄英男(2015)『ベイズ計算統計学』, 朝倉書店.
Gamerman, D. and Lopes, H.F. (2006) Markov Chain Monte Carlo: Stochastic Simulation for Bayesian Inference, Second Edition (2nd edition) Chapman and Hall/CRC.
Chan, J., Koop, G., Poirier, D.J. and Tobias, J.L. (2019). Bayesian Econometric Methods (2nd edition). Cambridge University Press.

研究分野紹介・業績紹介

  • 研究分野紹介(pdf)
  • 業績紹介(外部リンクor pdf)