湯之上 英雄 YUNOUE Hideo

  • 職名 准教授 : 公共政策学科 : 経済学専攻
  • 学位     博士(経済学)
  • 専門分野  公共経済学、地方財政論

略歴

1980年生まれ。大阪大学大学院経済学研究科博士後期課程修了、日本学術振興会特別研究員、大阪大学大学院助教、千葉商科大学専任講師、同准教授、兵庫県立大学准教授を経て、現在、名古屋市立大学大学院経済学研究科准教授

現在の研究課題

公共政策の実証分析

共同研究

  • 希望テーマ:
    公共政策の効果に関する分析
  • キーワード: 
    公共政策、地方財政、実証分析

主な著書・論文

  • Evaluation of the fiscal effect on municipal mergers: Quasi-experimental evidence from Japanese municipal data, (with H. Hirota), Regional Science and Urban Economics, Vol.66, pp.132-149, 2017.
  • Spatial Patterns of Flypaper Effects for Local Expenditure by Policy Objective in Japan: A Bayesian Approach, (with K. Kakamu and T. Kuramoto), Economic Modelling, Vol.37, pp.500-506, 2014.

ひとこと

日本の地方財政や公共政策に関する実証分析を行っています。

メールアドレス

学部担当科目

地方財政論、租税論

大学院担当科目

地方財政論

研究のための推薦図書

井堀利宏(2003)『課税の経済理論』岩波書店
中井英雄・齊藤愼・堀場勇夫・戸谷裕之(2020)『新しい地方財政論(新版)』有斐閣