(2020年3月) 山本奈央先生の論文が掲載される書籍が出版されました。

山本奈央先生が著者の論文「演劇消費とブランドコミュニティ」が『サービスと消費者行動 』第6章(千倉書房)に掲載されました。 山本昭二・国枝よしみ・森藤ちひろ編著「サービスと消費者行動」(千倉書房) URL: https:…

(2020年3月) 坂和秀晃先生と渡辺直樹先生が共著者となった論文が学術雑誌に掲載されます。

坂和秀晃先生、渡辺直樹先生および山田哲弘先生(中央大学)、Geeta Duppati先生(ワイカト大学)が共著者の論文 “The real effect of mandatory disclosure in Japane…

大学院生向けキャリアセミナーを開催しました。

2月18日(火)に岐阜大学の原田峻平先生(本研究科卒業生)をお招きし、大学院生向けキャリアセミナーを開催しました。博士後期課程への進学や卒業後のキャリアパスについて、ご自身の体験を交えながら語っていただきました。セミナー…

2019年度火曜研究会まとめ

12月4日(水)に小嶋健太氏(関西大学)による「Judicial Independence in Japanese Courts」、12月9日(月)にFrank Rövekamp氏(ルートヴィクスハーフェン経済大学・東ア…

(2020年2月) 吉田和生先生の論文が学術雑誌に掲載されました。

吉田和生先生が著者の論文「退職給付制度における積立不足の発生要因と企業価値の分析-内部積立てと数理計算上差異-」が『証券アナリストジャーナル』2020年2月号(第58巻第2号)に掲載されました。 『証券アナリストジャーナ…