(2019年12月) 坂和秀晃先生と渡辺直樹先生が共著者となった論文が学術雑誌に掲載されました。

坂和秀晃先生と渡辺直樹先生が共著者の論文“Earnings quality and internal control in bank-dominated corporate governance”がAsian Busin…

令和元年度第24回公開シンポジウム「自然災害の発生が金融市場・金融機関に与える影響」が開催されました。

令和元年度第24回公開シンポジウム「自然災害の発生が金融市場・金融機関に与える影響」(主催:名古屋市立大学大学院経済学研究科・附属経済研究所)が開催されました。 当日は市民の皆様、金融機関関係者の皆様、学生、郡理事長をは…

ルートヴィクスハーフェン経済大学との共同で研究会を開催しました。

12月9日(月)、火曜研究会の一環として、ドイツのルートヴィクスハーフェン経済大学との共同研究会を開催しました。同大学東アジアセンターのFrank Rövekamp教授に、「ニュースになる経済政治の日独比較~消費税はなぜ…

(2019年12月) 樋口裕城先生の論文が学術雑誌に掲載されました。

樋口裕城先生の論文「Medium-Run Impacts of Management Training in Garment Clusters」がThe World Bank Economic Reviewに掲載されまし…

火曜研究会:大学間交流協定を締結したハノイ貿易大学の教員(11月28日)など

2019年後期は、これまでに3回の火曜研究会を開催しました。 10月15日に開催された火曜研究会では、森田雄一氏(名古屋市立大学)に「Poverty, inequality, and demographic transi…

(2019年11月) 内田真輔先生が共著者となった論文が公刊されました。

内田真輔先生が共著者となった論文“Be Cautious with the Precautionary Principle: Evidence from Fukushima Daiichi Nuclear Acciden…

【開催日11月28日(木)】令和元年度第24回公開シンポジウム「自然災害の発生が金融市場・金融機関に与える影響」を開催します。

東日本大震災から8年が経ちました。 2011年の東日本大震災などを始め、大規模な自然災害が多発する我が国においては、災害被害想定などをはじめとした実体経済への影響についての議論がなされることは多いものの、その金融システム…

(2019年10月) 藤田菜々子先生のインタビューが再録されて刊行されました。

藤田菜々子先生の2011年に刊行されていたインタビューが再録されて改めて刊行となりました。 藤田菜々子「過去を知ることで現在・将来が見える」『経済セミナー増刊 本当に伝えたい経済学の魅力』第2部「思想と歴史に学ぶ」より,…

【2020年4月】大学院博士前期課程「経営者コース」を開設します。

名古屋市立大学大学院経済学研究科では「経営者コース」を開設します。 案内用のちらしができましたので公開します。 こちらのPDFファイルをごらんください。 お問合せ: 名古屋市立大学経済学研究科 電話:052-872-57…

経済学研究科博士前期課程 大学院入試説明会(2回目)を2019年10月26日(土曜日)に開催します。

名古屋市立大学大学院経済学研究科(博士前期課程)2020年度大学院入試(2019年度実施)説明会 一般選抜・外国人特別選抜 日 時 : 2019年10月26日(土) 午前10時~12時 場 所 : 名古屋市立大学滝子(山…